小鳥豆皿
<六兵衛窯>

  • 小鳥豆皿<br><六兵衛窯>
縁起が良いといわれる千鳥の形をした豆皿です。

千鳥はオスとメスが交互に子育てをすることから、「夫婦円満」の意味があります。
その他、「千を取る」という語呂合わせから、長寿または必勝祈願の意味合いがありとも。

さまざまなお祝いの場面で、縁起物とされています。

サイズ:直径約11僉憤貳峭い部分)

<六兵衛窯について>
初代「六兵衛」が京都五条に開窯したのが、江戸後期の1771年。以来230余年、京都の本流として親しまれてきました。
現在八代目の「清水六兵衛」さんは、2000年に襲名されました。なんと戸籍からお名前を変えられるそうです。
六兵衛窯は、その代によって作風がガラリと変わるのも特徴です。

小鳥豆皿
<六兵衛窯>

B02_16

1,944円(内税)

購入数