大井寛史
大井寛史

大阪出身で現在は京都の自宅で作陶活動をされている大井寛史さん。
大学卒業後、都内で働きながら自宅近くの陶芸教室に通っていたところ、
その教室の先生に「京都には陶芸の職業訓練校があるらしいよ」と聞き、
32歳で京都府立陶工高等技術専門校へ入学し、それからは陶芸の道へ。

一見ホーローのように見える半磁器の「パールシリーズ」は、
アンティークのような風合いと、生活になじむシンプルなデザインで、
毎日使いたくなる、あたたみのある器。
次はこれ、次はこれと、ひとつひとつ揃えてゆくお客さまも多い人気のデザインです。

大井寛史(器)

5商品

  • < 前
  • 次 >
5件 1-5表示
  • <
  • 1
  • >
5件 1-5表示
  • < 前
  • 次 >