辻和金網
辻和金網

御所から南に延びる堺町通。変わりゆく町並みの中で「辻和金網」は創業以来八十余年の技を今も変わることなく守り続けています。
京都の金網の起源は平安時代にさかのぼると言われており、明治以降、盛んに作られるようになりました。 しかしプラスチック製品の登場や機械化という時代の波に直面し、価格の安さに押された金網職人たちは、次々に店をたたみました。
そんな中でも工夫を凝らし、さらに巧みな細工が発達しました。 熟練の技が生み出す網目の美しさは機械による大量生産品には真似のできない「雅」があります。
金網細工は釘を打ち付けた台と指先の感覚だけで細い針金を編みあげていきます。
手作りだからこそ用途に応じて針金の太さや網目の大きさを変えることができ、長年使ってほころびができた時は修理もできます。
多くのメディアでも取り上げられ、代々受け継がれる美しい道具です。

辻和金網(焼き網・台所道具)

11商品

  • < 前
  • 次 >
11件 1-11表示
  • <
  • 1
  • >
11件 1-11表示
  • < 前
  • 次 >